加齢臭を抑えるために役に立つ三つの手法

加齢臭を抑えるために役に立つ三つの手法

加齢臭にお困りのみなさん、自分の枕を臭っては落ち込んでいませんか?

 

または奥さんにあなたの枕をまるでバイキンのように扱われていませんか?加齢臭は老廃物の代謝が悪くなる30代以降になってくるとどうしても発生してくる問題です。これは男性だけでなく女性にも言えること。今回の記事ではそんな加齢臭を抑えるために役に立つ三つの手法をご紹介していきたいと思います。

 

対策1:衣類をキレイに洗う

 

体臭自体を抑えるというわけではありませんが、加齢臭は実は衣類や枕にもへばりつています。ノネナールと呼ばれる体から出る皮脂が原因とされていますがこれが衣類の遷移につきやすいのです。選択前に重曹水にニオイの気になる衣類や枕カバーを入れるようにしましょうそうするだけで劇的に臭いが変わります。

 

対策2:タバコは我慢しよう

 

タバコを吸うとタールやニコチンなど、決して人が臭って心地いいという臭いはしません。もちろん体内にこれらが蓄積し、それが老廃物と一緒に汗となって出てくるのですから加齢臭を加速させるのに十分すぎるというのはスグに分かるはずです。加齢臭を本気で辞めたい人はタバコもすぐにやめましょう!

 

対策3:動物性蛋白質を避ける

 

どうしてもお肉やお肉の脂身が好きな人は加齢臭が強くなります。体の中で分解しきれず糞尿として排出されなかった肉の成分が汗となってにじみ出てきますので、それによって加齢臭に加速がかかります。肉を食べるなと言うのはとても難しいことです。食べる量を控えるくらいにしておくといいかもしれません。

 

このように、加齢臭を抑えるために三つの方法があります。その他にもたくさん方法はありますが、あれもこれもやってしまうとどうしても長続きしなくなります。まずはこの三つの方法を徹底してみて下さい。もしかしたらすぐにあなた自身で自分の臭いが変わったことに気がつくかもしれません。※自分の臭いは自分で気が付きにくいのでできるだけ客観的な意見を求めたほうがいいです