便秘対策は食生活のバランス、栄養を上手に摂取する必要がある

便秘対策は食生活のバランス、栄養を上手に摂取する必要がある

 

便秘は、女性に多い症状であるので注意が必要です。

 

体調を壊しやすい夏は、食生活や睡眠に気を付ける季節になります。中でも、食生活は、偏ると胃腸を壊したり冷えを感じて風邪を引く人もいます。。暑いから冷たいモノを摂取し過ぎると、体力の低下、バテに繋がります。健康な体を保つには、バランスの取れた食事が重要になります。しかし、喉が渇く事が多い夏は、水分を過度に摂り下痢や便秘を体験する事があります。下痢は、水分の摂取し過ぎより、疲労や食事が原因の場合が多いようです。

 

逆に、便秘は、水分を摂り過ぎて起こる症状であり女性に多く見られます。女性は、便秘になりやすい人が多く慢性化している人もいます。便秘は、4日便が出ないと症状に該当し、1週間以上出ない人は慢性化です。女性に多い理由として、男性より筋力が少ないため体が冷えやすいのが原因になります。筋力が少ない女性は、体温が低くなりやすく冷え性になる確率が高いです。そして、お腹の力も弱いため、胃腸を壊しやすく便通が整いにくくなります。

 

 

便秘になりやすい食べ物、夏は控える事が大事

 

 

また、年齢が高くなるにつれて、胃腸の動きも鈍くなり便秘になりやすいようです。また、生活の乱れ、不規則を繰り返すと、体調が崩れ便秘へ進行するようになります。働く時間、起きる時間がバラバラな人は、生活の変化に体が対応しなくなるため注意が必要です。そして、便秘にならないためには、食生活のバランス、栄養を上手に摂取する必要があります。なりやすい食事は、肉類が挙げられて、肉には多くのタンパク質が含まれています。

 

タンパク質は、体を作る大事な成分ですが、腸内で悪玉菌を増やす厄介な食べ物です。胃腸の調子が優れない、便秘気味と感じたら肉類を摂取する事は避けた方が良いでしょう。肉類を夏場に食べる時は、野菜と果物を多く摂取するようにします。悪玉菌を減らす野菜や果物は、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれる特徴があります。また、成分では、カフェインやタンニンが入っている飲み物に気を付けるべきです。

 

コーラー、緑茶は、カフェインが含まれていて多く摂取すると便を固くする傾向があります。市販の飲料水として、夏場はあまり飲む事はオススメできません。そして、便秘になりにくい食事として、発酵食品があり納豆、ヨーグルト、チーズが代表です。これらは、乳酸菌が成分として含まれており、善玉菌を増やして高い整腸作用があります。夏の暑い時期も、食材として食べやすく体の疲労も取ってくれます。便秘になりやすい人は、胃腸にやさしい食べ物を意識して出来るだけ摂取してみましょう。